フェルミ―・トート|シュランケンカーフ トープ

104,500円(税込)

 残り1 個

購入数
神戸の革鞄職人がデザインする新作トートバッグ
神戸・六甲アイランドで革鞄工房兼店舗を構えるLe Bonheur(ル・ボナー)。革選びの目利きの良さと熟練の技で全国に多くのファンがいます。

男女兼用のビジネストート。日々に「寄り添う(フェルミ―)」バッグとなるようにと名付けられました。革を大胆に贅沢に味わうことができるデザインの中に、細部へのこだわりも感じられるル・ボナーらしい意匠です。
サイズは縦310mm×横390mm×幅105mm。横幅は通勤電車に座ってぎりぎり両側の方に邪魔にならない長さ。底幅は105mmありますが口元に向かって少し細くなる台形フォルム、トップ幅は65mmです。
持ち手は肩にもかけられる長さです。ファスナーはダブルで、両端の部分はお好みでバッグの中にしまい込むこともできます。横幅いっぱいまで開けることができるので中身がよく見え、A4の資料やノートパソコンなど大きなものも楽に出し入れ可能です。内装にはファスナー付きポケットとオープンポケットが3か所あり、ざっくり入れられるトートに小分け収納もしっかり備わっています。また、底面が直接地面などに触れないよう金具が5か所付けられています。
日常的に使っていただきたいからこそ飽きがこないシンブルさで、いつでもニュートラルに楽しめるバッグです。

優しい表情と高い弾力性をもつ「シュランケンカーフ」
1864年から皮革製作を続けているドイツの老舗タンナー「ペリンガー社」のシュランケンカーフを採用しています。カーフ(生後6ヶ月の牛)にシュリンク加工を施した革で、なめし剤で革の表面を縮め独特のシボを持たせています。発色が良く、水気にも強く、丈夫で傷がつきにくいため長く使用できる高品質革です。
内装に採用されているのは、コシのあるイタリア・リモンタ社のデイビス。このバッグでは内装となっていますが、バッグに限らず様々な衣料品で外装として使われることが多い質の高いナイロンです。軽量で美しい光沢と、シルクのような手ざわり。撥水性や防水性にも富んでいる一級品です。

|仕様|
サイズ:縦310mm×横390mm×幅105mm
素材:シュランケンカーフ(牛革)、ナイロン(内側)
重さ:約1000g
製造:日本
付属品:ル・ボナーオリジナル巾着袋


【ご注意】ご購入前に必ずご一読ください。
※製品加工時の小傷や革そのものの筋が大きく出ているものもございます。また天然革のため、不規則模様であり、シボの出具合、縦に革目が走っているものもございます。大量生産品ではない、天然素材の個性としてご理解の上ご購入ください。
※サイズや重量には個体差がございます。目安としてご確認ください。
※画像と実際の商品は色味が多少異なります。
※予告無くファスナー台布や金具などの仕様が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。