六甲山鉛筆(2B/6本入り)

950円(税70円)

 残り18個です

グリーン
グレー
購入数
神戸六甲山の間伐材を活用した鉛筆
六甲山鉛筆は1年に一度山の手入れのために行われる間伐で出た木材で作られた鉛筆です。
神戸で古くから親しまれている山「六甲山」では、水害などから山と街を守るため120年以上も前に植林が行われました。
現在ではそれらの木が大木へと育ち、間伐などの手入れが必要な状態です。
そのため、手入れで発生した丸太を有効利用しようと行政や関連の組合、加工メーカーの共同プロジェクトが始まりました。

たくさんの丸太を活用するためには床や壁で使用する大きな板材にするのが有効ですが、板材に加工できるのは丸太全体の約3割程度。
7割がその加工の残りになってしまうのだそうです。
そういった残りの材も、無駄なく活用するために生まれたアイデアの一つがこの「六甲山鉛筆」です。
六甲山鉛筆|2種


守られてきた資源を次世代に引き継ぐために
長年に渡って地域の人々に守られてきた資源をどんな形で活用していくか。
暮らしに寄り添った、子供達にも使ってもらえるような製品を六甲山材は鉛筆へと生まれ変わりました。

芯の硬度は「2B」。
まだ筆圧の弱い子供達でも使いやすいやわらかい芯です。
軽い力で濃く筆記ができ、シャープペンシルに比べ消しゴムで消した跡が残りにくくなります。

鉛筆は力の加減や芯先を運ぶ速さで「はね・はらい」などを作るひらがなの筆記にも向いています。
また、濃淡を手の感覚で調節することができ繊細な表現も可能なため、デッサンに使われる代表的な筆記具でもあります。


六甲山鉛筆|刻印
鉛筆には「MADE IN JAPAN」「六甲山鉛筆」とシルバーで刻印が施されています。
六甲山という神戸の美しい自然を残し繋いでいきたいという人々の想いで形になった鉛筆です。



|仕様|
硬度:2B
本数:6本入り
木材:六甲山の間伐材(すぎ)
パッケージカラー|グリーン・グレー
製造:日本