BLACKWING 93|1ダース(12本)

6,600円(税込)

 残り2箱

購入数
惜しまれつつ生産中止となるも、根強い支持により復刻された鉛筆
BLACKWING が生まれたのは1930年代のドイツ。
Eberhard Faber(エバーハード・ファーバー)社が製造していたこの鉛筆は、音楽家や小説家など、名高いクリエイターが愛用していることで広く知られていました。
しかし、度重なる企業買収により生産の品質確保が困難となったため、惜しまれつつ1998年に生産中止に。
市場から姿を消したBLACKWINGを求めて、一時オークションなどで価格が高騰するなどしたそうです。

そんな中ユーザーから、カリフォルニアシダープロダクツ社の生産するオリジナル鉛筆〈PALOMINO〉の書き味が〈BLACKWING 602〉に近いとの声が上がり、これをきっかけに〈PALOMINO〉のシリーズの1種として復刻されることになりました。


高いデザイン性と確かな品質
BLACKWINGといえば、六角形の軸に四角い消しゴム。軸のデザインによって消しゴムのカラーも変わります。
消しゴムは引き出して長さを調整することができます。
ありきたりでないユニークなデザインです。

アメリカのブランドですが、軸の製造はなんと日本。
インセンスシーダーという北米カリフォルニア州とオレゴン州にだけ自生する柔らかな書き心地を叶える木材を日本に輸入し、高品質な日本製の黒鉛芯と合わせて日本の鉛筆職人によって軸が成形されます。
消しゴムと金具はベトナム製。
これらが最終的にアメリカに集められ、ドッキングし最高の1本が出来上がります。


芸術家コリータ・ケントへの賛辞
BLACKWINGからは定番ラインの他にストーリー性を強く持った限定品(VOLUMES)が発売され、こちらも注目を集めています。

コリータ・ケント(1918-1986、アメリカ)は、教育者・芸術家・社会主義の支持者で、芸術が対話・沈思・変化のツールになりえると考えた人でした。
ロサンゼルスのImmaculate Heart Collegeで芸術学部の学部長を務めていた彼女は、生徒たちに "じっくりと観察する" 鍛錬をするように言いました。
"一瞬一瞬を愛せば、その一瞬のエネルギーは限りなく広がっていく" など、瞬間を感じ取り、好奇心を持つことへの彼女のメッセージは、コリータの人生や仕事のすべての局面において一貫していました。
BLACKWING 93は、コリータと「ペースを落とし日々の生活の中に感謝を見出そう」と説いたメッセージに対する賛辞です。
デザインにはコリータの象徴的な作品「レインボー・スワッシュ」を採用。93の数字はこの作品がマサチューセッツ州ドーチェスターの州間高速道路93号線沿いにある天然ガスタンクを彩っていることに由来します。これは著作権により保護された世界最大のアートワークとして知られています。
カラフルな6色のブラシストロークの1色ずつを各鉛筆の軸にあしらい、各2本の12本セットです。
消しゴム、金具はシスターでもあったコリータを連想する清廉なホワイト。これによりレインボーのカラーリングが引き立ちます。箔押し色はロゴがくっきりと見えるブラックが採用されています。

筆圧が筆跡に現れやすく、アート系の用途に人気のあるソフト芯です。

この鉛筆の売り上げの一部は、コリータ・アートセンターを通じて芸術教育における継続的な取り組みの支援に充てられます。


硬 度:SOFT(やわらかい)※3B相当
長 さ:200mm
入り数:12本
パッケージ:専用箱

この商品を買った人はこの商品も買っています