BLACKWING 42

418円(税込)

 残り12本

購入数
惜しまれつつ生産中止となるも、根強い支持により復刻された鉛筆
BLACKWING が生まれたのは1930年代のドイツ。
Eberhard Faber(エバーハード・ファーバー)社が製造していたこの鉛筆は、音楽家や小説家など、名高いクリエイターが愛用していることで広く知られていました。
しかし、度重なる企業買収により生産の品質確保が困難となったため、惜しまれつつ1998年に生産中止に。
市場から姿を消したBLACKWINGを求めて、一時オークションなどで価格が高騰するなどしたそうです。

そんな中ユーザーから、カリフォルニアシダープロダクツ社の生産するオリジナル鉛筆〈PALOMINO〉の書き味が〈BLACKWING 602〉に近いとの声が上がり、これをきっかけに〈PALOMINO〉のシリーズの1種として復刻されることになりました。


高いデザイン性と確かな品質
BLACKWINGといえば、六角形の軸に四角い消しゴム。軸のデザインによって消しゴムのカラーも変わります。
消しゴムは引き出して長さを調整することができます。
ありきたりでないユニークなデザインです。

アメリカのブランドですが、軸の製造はなんと日本。
インセンスシーダーという北米カリフォルニア州とオレゴン州にだけ自生する柔らかな書き心地を叶える木材を日本に輸入し、高品質な日本製の黒鉛芯と合わせて日本の鉛筆職人によって軸が成形されます。
消しゴムと金具はベトナム製。
これらが最終的にアメリカに集められ、ドッキングし最高の1本が出来上がります。


伝説的スター“Dragon”ブルース・リーへのトリビュート
BLACKWINGからは定番ラインの他にストーリー性を強く持った限定品(VOLUMES)が発売され、こちらも注目を集めています。

1944年7月6日、アラバマ州モンゴメリーでローザ・パークスが、当時は黒人用のスペースとされていた バス後方の席へ移動するのを拒否し、市民権運動が燃え上がるきっかけとなった事件が起こる11年前のこと。 彼女の他にも座席の移動を拒否した人物がいました。
彼の名前はジャック・ルーズベルト・ロビンソン少尉。この移動拒否を“不敬行為”、“意図的な不服従”と咎められ、彼は軍法会議へと召集されてしまいました。
ロビンソン少尉は法廷に立ちましたが、すべての罪状について出された判決は無罪でした。後に軍を名誉除隊となると、彼はスポーツに情熱を注ぐためカンザス州のモナークス・ベースボールクラブとの契約書にサインをします。
その僅か数年後、ブルックリン・ドジャースから声が掛かりメジャー リーグ入りを果たしました。このことは野球界に留まらず、人種の壁を打ち崩し、人種差別撤廃に向けた動きに大きくはずみをつける出来事となりました。

BLACKWING 42はジャッキー・ロビンソンへの賞辞です。
バランスの良い芯、真っ白な木軸、ブルーの箔押しと消しゴムにロードグレーの金具、そして象徴的な赤い42。42という数字はジャッキーの功績を称えるだけではなく、障壁に妨げられず自らの情熱や創造を追い求める人々への賞辞でもあります。


硬 度:BRANCED(やややわらかい)※2B相当
長 さ:200mm
※こちらの商品は1本売りです。パッケージはありません。



ネコポス配送対応商品です

こちらの商品はポスト投函型配送サービス〈ネコポス配送〉対応です。
各種注意事項がございます。画像リンクから詳細ページでご確認ください。