おかしのかみさま|サトウヒロシ著

1,540円(税込)

 残り5冊

購入数
お菓子の神様「田道間守(タジマモリ)」の伝説
絵本作家・万年筆画家として活用中のサトウヒロシによる、菓祖「田道間守(タジマモリ)」の伝説を基にした創作絵本。
絵本の舞台はタジマモリの生誕地とされる兵庫県豊岡市です。
サトウ氏の個性でもある、万年筆と水筆で描かれた優しい挿絵で鮮やかにストーリーが展開していきます。

就学前のお子様には読み聞かせで、小学生のお子様は一人で読書ができるように作られています。
菓子の始まりを親子で楽しみながら知ることができる一冊です。


〈著者プロフィール〉
万年筆画家|サトウヒロシ

サトウヒロシ|万年筆画家・絵本作家
1978年、福島に生まれ京都で育つ。神戸大学発達科学部 人間行動・表現学科卒業。
フリーランスのイラストレーター・グラフィックデザイナーとして活動後、ウェブ制作会社・医学書専門出版社に勤務。
2015年に独立。「ソルティフロッグ デザインスタジオ」を立ち上げ、デザイナー、絵本作家そして万年筆画家として活動を開始する。
万年筆を使った新しい技法による絵の楽しみ方を追求し、万年筆ラクガキのワークショップは大きな反響を呼んでいる。
「明日死ぬかもしれないから今お伝えします」「万年筆画 絵巻 レノン40」シリーズなど大人向け絵本作品を多数発表。


発  行|株式会社ニコモ
サ イ ズ|H 257mm × W 182mm
ページ数|32ページ
発  売|2021.11.6
ISBNコード|9784910593760