なくしもの日記

880円(税80円)

 残り20です

購入数
「なくしもの」を書き留める秘密の日記
「まじめを楽しむ」をコンセプトにしたメンズ雑貨ブランドTAVARAT(タバラット)のオリジナル日記です。

お気に入りだったペン、高かったイヤホン、大切な家の鍵…。忙しい日々の生活の中で、ふとした瞬間にものはなくなっていきます。「またやってしまった…。」という経験はございませんか?

そんな、なくしてしまった時のショックな感情や、ものにまつわるエピソードを思いのままに「なくしもの日記」に書き留めておきましょう。

「ものをなくしてしまう」というネガティブな行為を、書き留めることでポジティブに変えてしまう発想。

なくしものを改めて思い返してみる。物が溢れかえっている今だからこそ、なくなったから終わりではなくて、見つかるまで待ってあげよう。いつか出てくるその日まで。それもあなただけのニュース。今までなかった切り口の日記帳です。



なくしものを1ページにまとめる
なくしものの記録をぱっと視覚的に飛び込むように考えられたレイアウトが秀逸。記録できるのは「58ページ」です。書き方の例は2〜3ページで丁寧に紹介されています。なくしものの「名前」「金額」「手書きのイラスト」を書きます。

「今の気分」や「思い出」を頭の中で整理整頓して言葉にしてアウトプット。「愛着度」「困り度」「今の顔」を書くことで感情をビジュアル化する仕組みです。

たったそれだけのことでも、なくしものを通して、モヤモヤしてしまった自分の気持ちをしっかり整理できます。そんな体験ができるのは「なくしもの日記」だけです。

【2〜3ページ】使い方と書いたイメージが印刷されているのでわかりやすい!ガイドに沿って、まずは書いていくのみ。


【4〜61ページ】丁寧に作られたフォーマット。なくしものの記録を実際に書いていきましょう。


実際に書いたイメージです。見つかった時の喜びはきっと倍増するはず。



最後になくしものの「金額」を集計する
【62〜63ページ】なくしものの金額を合計できるレイアウトになっています。ページを見直して金額を書き込むだけ。

書いた後に見つかったもの。いまだに見つからないもの。高かったもの。安くても大切にしていたもの。金額不明で価値を自分で決めて金額を書いてみる。数字を書いて足し算する。それだけで色んなことを思い出す仕掛けが面白い。

1ページ1ページを振り返ってみると、なくしものをした悲しい出来事も、後から見返せば意外に微笑ましいものがあったり。金額というフィルターで「なくしもの」を見つめ直してみましょう。



質感高い紙たちの上品な色合わせ
日記の表紙は濃いめネイビー。質感も良く高級感があります。帯は目にぱっと飛び込む明るいアプリコット。男性・女性問わずにお使いいただけるカラーリングに仕上がっています。



商品名の「なくしもの日記」はとても直感的でわかりやすいネーミング。でもはっきり明記されるとちょっと恥ずかしい。

そこで商品名を表紙ではなく、帯に小さく箔で刻印。主張した色を選ばず「透明箔」で押しているので、手に取って見るとやさしく光る演出が粋!

しかもこの帯はミシン目に沿って切り離すと「ページに引っ掛けるしおり」に変身。ユーザーのことを考えた作りとちょっとした遊び心が伝わってきます。



綴じる針金は一般的な光沢ある銀色ではなく、少しマットな真鍮カラー。表紙のネイビーとの相性も抜群。表紙には商品ロゴのワンポイントのみ。このロゴも透明箔で押されているので全体的に落ち着いたデザインに仕上がっています。

持ち運びもしやすい手のひらサイズ
場所を選ばずに外出先でもすぐに書き留めることができ、バッグやポケットに入れてもかさばらない。手のひらに収まるのコンパクト日記です。




なめらかな書きごごちを体験
本文用紙は、滑らかな書き味で万年筆やボールペンとの相性の高さからも人気のある「クリームキンマリ」を採用しています。少しイエローがかったアンティークな雰囲気のある用紙。落ち着いた色合いのため、目にやさしく、文字が見やすいということで書籍用紙にもよく使われます。



|仕様|
 サイズ:長辺140mm×短辺80mm
 ページ:64ページ
  素材:ディープマット(表紙・帯)、クリームキンマリ(本文)
  製本:中綴じ(真鍮風針金)
  重さ:約35g
  製造:日本
ブランド:Tavarat(タバラット)





ネコポス配送対応商品です

こちらの商品は【3点まで】ポスト投函型配送サービス〈ネコポス配送〉対応可です。
各種注意事項がございます。画像リンクから詳細ページでご確認ください。