BLACKWING 3|1ダース(12本)

5,016円(税込)

 残り3箱

購入数
惜しまれつつ生産中止となるも、根強い支持により復刻された鉛筆
BLACKWING が生まれたのは1930年代のドイツ。
Eberhard Faber(エバーハード・ファーバー)社が製造していたこの鉛筆は、音楽家や小説家など、名高いクリエイターが愛用していることで広く知られていました。
しかし、度重なる企業買収により生産の品質確保が困難となったため、惜しまれつつ1998年に生産中止に。
市場から姿を消したBLACKWINGを求めて、一時オークションなどで価格が高騰するなどしたそうです。

そんな中ユーザーから、カリフォルニアシダープロダクツ社の生産するオリジナル鉛筆〈PALOMINO〉の書き味が〈BLACKWING 602〉に近いとの声が上がり、これをきっかけに〈PALOMINO〉のシリーズの1種として復刻されることになりました。


高いデザイン性と確かな品質
BLACKWINGといえば、六角形の軸に四角い消しゴム。軸のデザインによって消しゴムのカラーも変わります。
消しゴムは引き出して長さを調整することができます。
ありきたりでないユニークなデザインです。

アメリカのブランドですが、軸の製造はなんと日本。
インセンスシーダーという北米カリフォルニア州とオレゴン州にだけ自生する柔らかな書き心地を叶える木材を日本に輸入し、高品質な日本製の黒鉛芯と合わせて日本の鉛筆職人によって軸が成形されます。
消しゴムと金具はベトナム製。
これらが最終的にアメリカに集められ、ドッキングし最高の1本が出来上がります。


インドの民族楽器奏者の生誕100周年に敬意を表した限定モデル
BLACKWINGからは定番ラインの他にストーリー性を強く持った限定品(VOLUMES)が発売され、こちらも注目を集めています。

1966年6月、ビートルズのメンバーであるジョージ・ハリスンとインドの民族楽器シタールの奏者ラヴィ・シャンカルが出会い、彼らのコラボレーションによって、インドの古典音楽と文化が全米及び世界中へ爆発的に人気を広める結果となりました。
BLACKWING 3はそんなラヴィ・シャンカルへの敬意を込めて、生誕100周年を祝し制作されました。

芯はエクストラファームを採用し、マットなターメリックイエローに仕上げた木軸は、ラヴィの象徴的なシタールの1本からインスパイアされた模様がアクセント。この模様の中で存在感を放つ ॐ (オーム)という記号は、サンスクリット語の神聖な文字で「覚醒」、「浅眠」、「熟睡」という3つの状態を表す文字を結びつけたものです。
売上の一部はラヴィ・シャンカル財団と彼らが掲げる「文化の多様性とあらゆる芸術の豊かさの維持への助力」という使命のために使われます。


硬 度:EXTRA FIRM(硬い)※HB相当
長 さ:200mm
入り数:12本
パッケージ:専用箱

この商品を買った人はこの商品も買っています