カランダッシュ+クライン・ブルー 849 ボールペン

6,600円(税込)

 在庫4個

購入数
モノクロイズムを代表するアーティスト”イヴ・クライン”の世界
イヴ・クライン(Yves Klein 1928-1962)はフランス ニース出身の、単色の作品のみを制作するモノクロイズムを代表するアーティストです。
単色のみの作品はなかなか理解されませんでしたが、1957年に「青」は宇宙の神秘的なエネルギーに通じる最も非物質的で抽象的な色だとして、自ら「インターナショナル・クライン・ブルー(IKB)」を顔料からつくりあげました。

この深いウルトラマリンブルーに満たされた世界観を、カランダッシュが培った技術で表現したのがカランダッシュ+クライン・ブルーコレクションです。

ペンと同色でカラーリングされたメタル缶ケースは、ペンケースとしても使用可能です。

849ボールペンの人気の理由
カランダッシュのボールペン849は、1969年に登場し長年世界中で愛され続けているロングセラーシリーズです。
鉛筆のような六角形の形状と、鉛筆より若干太めの軸。長さは一般的なペンに比べやや短く、ポケットにも納まりやすいサイズです。素材とデザインのバランスで、軽すぎず重すぎないちょうど良い重量感になっています。
ペン先はノック式で、「カチカチ」というよりは「シャクシャク」という柔らかく滑らかなノック感で高級感があります。
ボディにはクリップが付いています。軸のクリップの下にくる部分にさりげなくカランダッシュの社名ロゴと849の記載があります。
そして、このシリーズの密かながら最大とも言える特徴は、ボディの軸部分が繋ぎ目なく1つのパーツのみで構成されていること。これはデザインのためだけではなく、いくつかのパーツに分かれているペンに比べ強度が高く、故障が少ないという素晴らしい特性を生んでいます。
また、849で使用されているインク芯には、「ゴリアット」という「大きな・巨大な」を意味する名前が付けられています。その理由は筆記距離。ゴリアットは1本で8000mの筆記が可能と言われ、他メーカーの平均的な芯に比べ約1.6倍ものインク量です。多くのファンを魅了する滑らかで美しい書き心地は、ペン先のボールにインクをスムーズに送り出す独自開発の構造により実現し、油性ボールペンに起こりやすいインク溜まりも軽減させています。
これらの過不足のないスタイリッシュな設計と実用性の高い品質が、発売から約50年経っても愛され続けている理由です。


伝統あるSWISS MADEの筆記具
カランダッシュはロシア語で「鉛筆」。その歴史は鉛筆工場に始まり、現在創業100年を越えるスイス国内唯一の画材・高級筆記具メーカーです。
スイスの時計や宝飾品など伝統ある高い製造技術を基盤として、職人の知識や技術、コンピューターによる精密な工程を組み合わせカランダッシュの製品が生み出されています。それらの製品は全てジュネーブの工場で作られ、原材料や製造プロセスに至るまで細かな基準が設けられています。信頼性の証として製品には「SWISS MADE」の印が刻まれています。


長 さ:約128mm
太 さ:約10mm
重 さ:約16g
初期充填芯:ブラックF
芯の交換方法:天ビスのノック部分を反時計回りに回すと天ビスが外れるので、芯を取り出し交換してください。
備考:メーカー取扱説明書付
メタル缶:182×54×17mm、70g


|保証について|
万が一初期不良などの不具合がございましたら、商品到着後7日以内にメールにてお申し出いただきますようお願いいたします。状態を確認後、不良品に該当する場合は交換対応(送料弊社負担)、それ以外の場合はお預りしてメーカー判断となります。

|メンテナンスについて|
当ショップでお買い上げの商品に限り、修理・メンテナンスの受付をいたしております。
まずメールにてご連絡いただき当店までお送りください(往復の送料 についてはお客様のご負担となります)。
その後、メーカーまたは輸入元にて修理内容を確認し、見積代金を算出しご連絡させていただきます。 ほとんどのブランドについては、取扱い筆記具専門店、取扱いの有名百貨店でも有償修理が可能です。

この商品を買った人はこの商品も買っています