ペーパーナイフ|花梨
03‐00132

7,560円(税560円)

購入数
  • 在庫  在庫 0 個 売切れ中
工房楔(せつ)の手仕事
木の魅力と温もりを届けたいと、常に挑戦を重ねて新しい商品を作り続ける「工房楔(せつ)」の職人、永田篤史。
用途に合った木材を選び抜き、丁寧に作り込まれた木工品は多くのファンを抱えています。

ザッザッという切れ味が心地良いペーパーナイフ
ペーパーナイフは、端が断裁されていない袋綴じ状の書物を開くためによく使用されていました。現在では封書の開封などが主な用途です。
同じ「ナイフ」でもカッターナイフのような鋭利な刃ではありません。カッターナイフは、その切れやすさゆえに折り目に沿わず波打ったような切れ方をすることがありますが、ペーパーナイフの場合は折ることで弱くなった部分を割くため、折り目に沿って切ることができるのです。紙を切る時はザッザッと紙の繊維を割いていくような感覚です。
切った紙の端は毛羽立ちができます。この切れ味も鋭すぎない刃先ならではの魅力とも言えます。
工房楔|ペーパーナイフ|刃先
※真上から見た刃の形状
工房楔|ペーパーナイフ|刃側面
※横から見た刃の形状

刃の先端は隙間に挿し入れるためにとがっています。滑りの良いマットな金属製の刃です。
ペーパーナイフには片刃と両刃がありますが、こちらは両刃式なので左利きの方も不自由なくお使いいただけます。

銘木グリップに湧く愛着
工房楔が作り出す「木材の良さを味わえる」道具。ペーパーナイフもそのひとつです。
銘木を使用したグリップ部分にはほど良く重量感があり、木目や木の質感が感じられます。
工房楔|ペーパーナイフ|グリップ(花梨)
握ってみると人差し指側から小指側にかけて少しずつ太くなっていて、持った時にしっくり手に馴染みます。長年使うことで変化する色や艶を楽しみながら使用してください。

採用木材「花梨」
タイ・ビルマなどの東南アジアで育つ。別名をインドシタンといいます。
果実のカリンとは別種。強靭で硬い材のため古くから楽器や家具に用いられています。
杢が非常に個性的で美しい木材です。

サイズ:全体約175mm、刃約89mm、グリップ約69mm
直 径:約19mm(最大部分)
重 さ:約40g
素 材(刃):金属
木 材:花梨
製 造:日本

※木地は同一品の無い一本限りとなります。
※職人の手作りにより作られ、自然素材を使用しています。商品毎に重量差・木目・色目などが掲載画像と異なります。あらかじめご了承ください。
※画像は撮影用に各色1点を撮影したものです。お届けする商品は必ずしも画像と同じ商品というわけではございません。
※柄の指定はお受けできませんので、あらかじめご理解のうえ、ご購入ください。
※木素材のオイル仕上げのため木本来の筋などが入っていますが、加工前に充分乾燥させておりますのでそこからひび割れなどは生じることはございません。
※色の見え方が実際の商品と異なる場合がございます。
※紫外線や熱が変色・退色を引き起こすおそれがあります。
※先のとがった商品です。取扱いには十分にご注意ください。